宴会のお料理

今月はすべての成人病の元になるといわれている塩分についてです。日本人の塩分摂取量は一日平均12gといわれていますが、高血圧症の人は1日6gに、それ以外の人も一日10g以下に抑える工夫をしてみましょう。お弁当で塩分を減らす工夫としては梅干を食べない。ソースしょう油は小袋の2分の一または3分の一しかかけない。ちなみに当店のご飯にかかっているのは1年以上前からただのゴマですからこれは塩分ゼロです。(ごま塩をかけたほうが、ご飯が甘く感じられるのですが)
自家製の漬物も、フライの仕込みも従来の塩の量を半分にしてみました。味は確かにチョット物足りないのですが、毎日のことですから塩分の少ない調理法を選びました。

また、果物などのカリウムの多い食品をとると塩分を体外に排出することができるので、(糖尿病以外)糖分制限の無い人にはオススメです。
ラーメン 日本そばは一杯6gと覚えておきましょう。牛丼もツユだくなどにしたら同じ値になるでしょうし、ポテトフライなんて高血圧一直線です。昼と夜が外食の人は12gを超えることを知っておきましょう。
 同じ外食産業の一員としてとても恥ずかしい話ですが、外食はおいしいほど塩分が多く、体によくありません。
posted by jin at 14:14 | 社員旅行

ジブリの社員旅行

宮崎監督は04年、ジブリの社員旅行で鞆の浦を初めて訪れた。江戸風情が残る町並みなどに魅せられ、05年に鞆の浦の近くに民家を借りて2カ月間一人で滞在し「-ポニョ」の構想を練った。
posted by jin at 09:12 | 社員旅行

激安社員旅行


社員旅行のあり方が変わってきているようです。

人づきあいが苦手な若手社員が増える中、
社内のコミュニケーション不足の解消に社員旅行が見直されているようです
昔のような温泉旅館でコンパニオンを呼んでコテコテの大宴会
というのでは今や誰もついてこない。
セクハラやアルハラの問題は会社側も避けたいところ

食や文化の体験、〔酒蔵の見学や味噌つくりの現場・農場や果物狩りレジャースポーツなどのオプション企画で、社員旅行が新たなコミュニケーションツールとして人気を呼んでいる
posted by jin at 15:42 | 社員旅行

社員旅行 温泉 鬼怒川温泉

社員旅行で訪れる鬼怒川温泉を調べてみました。

アクセス
道:東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅または鬼怒川公園駅すぐ。

JR東日本新宿駅〜池袋駅〜大宮駅〜東武鉄道鬼怒川温泉駅間で「きぬがわ」・「スペーシアきぬがわ」が直通運転を開始。
車:日光宇都宮道路今市ICより約30分。

泉街
鬼怒川温泉駅の南側から、鬼怒川公園駅までの間、鬼怒川沿いの両岸、滝地区と藤原地区に数多くの大型ホテル、旅館の建物が連なる。
歓楽街温泉としても栄えた場所であり、それに伴う飲み屋なども数多く存在していたらしいが、実際に営業している店舗は多くない。
鬼怒川温泉駅前は旅館業者が兼営するみやげ物店、食堂、売店が散在する。
周辺施設
温泉街の外れには、ロープウェイが存在する。ロープウェイの山頂側の駅近くに温泉神社が存在する。
鬼怒川温泉周辺には日光ワンニャン村、
ウェスタン村、東武ワールドスクウェア、
日光猿軍団、日光江戸村など人気のアトラクション、
ミニテーマパークが多数立地する他に、
エーデルワイススキーリゾート、
ハンターマウンテン塩原などのスキーリゾート、
ゴルフ場なども立地する。
立ち寄り風呂としては、鬼怒川公園内に町営の鬼怒川公園岩風呂(入浴料は大人500円)がある。また、ほとんどのホテル・旅館で入浴のみの利用も可能となっている。
posted by jin at 11:01 | 社員旅行

社員旅行 温泉 伊香保温泉

社員旅行で訪れる伊香保温泉を調べてみました。

アクセス
鉄道:上越線渋川駅よりバスで約20分。
マイカー:渋川伊香保インターチェンジより約20分

石段街の両側に温泉旅館、みやげ物屋、飲食店などが軒を連ねている。石段は温泉街のシンボルである。石段の下には黄金の湯の源泉が流れ、小間口と呼ばれる引湯口から各旅館に分湯されている。石段の上には伊香保神社が存在する。

石段上の源泉周りは整備されており、源泉が湧出する様子を見ることができる。また石段から源泉までの遊歩道の途中に飲泉所も存在する。源泉の傍には「伊香保露天風呂」が、石段の途中には共同浴場「石段の湯」が存在する。また温泉街の近くには日帰り入浴施設「金太夫ベルツの湯(現在、休館中)」が存在する。

温泉街と近くの物聞山にある上ノ山公園を結ぶロープウェイ(伊香保ロープウェイ)が存在する。

温泉街の周辺には榛名山や、水沢うどんで有名な水沢観音などが存在する。

posted by jin at 10:57 | 社員旅行

社員旅行 温泉 焼津

社員旅行に焼津を選ぶ幹事さんは
まず、お魚の美味しさを堪能したい方ですね。

アクセスは
鉄道なら 東海道線の焼津駅
車なら 東名高速道路 焼津インターから10分

焼津さかなセンター (これは有名)
花沢の里
大崩海岸
ディスカバリーパーク焼津
龍っちゃんのカッパ館
アクアスやいづ
焼津市歴史民俗資料館
焼津神社
黒潮温泉
笑福の湯
千手観音 大覚寺全珠院
焼津漁業資料館
石原水産マリンステーション
などがある
posted by jin at 10:52 | 社員旅行

社員旅行 温泉 伊豆長岡温泉

社員旅行で訪れる 伊豆長岡温泉を調べて見ました。
アクセス
鉄道:伊豆箱根鉄道駿豆線伊豆長岡駅よりバスで約5分。
車:東名高速道路沼津ICより約30分。

高度成長期には歓楽街的温泉として栄えたことから、飲み屋やストリップ劇場など、往時の歓楽街的温泉が持っていた要素が現存する。

長岡地区側には、足湯を中心とした「湯らっくす公園」が存在。

共同浴場は、長岡地区に2箇所、古奈地区に1箇所存在する。

温泉地には、温泉での治療を目的とした病院も多数存在する
posted by jin at 10:43 | 社員旅行

社員旅行 温泉 下田温泉

アクセス
鉄道 : 伊豆急行線蓮台寺駅、伊豆急下田駅など

観音温泉は一軒宿である。河内温泉には二軒の宿が、蓮台寺、白浜にはそれぞれ温泉街が形成されている。

河内温泉金谷旅館の千人風呂が有名である。日本一の大きさを誇る檜風呂であるといわれる。

共同浴場は、河内温泉には地元専用のものが1軒、白浜温泉に2軒存在する。

posted by jin at 10:39 | 社員旅行

社員旅行 温泉 熱川温泉

熱川温泉のアクセス

鉄道:伊豆急行線伊豆熱川駅下車(特急踊り子号停車駅)
伊東から、特急で30分、普通で40分
熱海から、特急で50分〜1時間、普通で1時間〜1時間10分
東京から、特急で2時間10分〜2時間30分

沿いまで山が突き出た狭地に19軒の旅館ホテルが存在する。熱川の源泉温度はほぼ100℃であることから、源泉井の上部からは湯気が多く出ており、湯煙に包まれた温泉街の光景を形成している。

温泉熱を利用した熱川バナナワニ園が有名。

海岸沿いに露天風呂「高磯の湯」があり、夏場は併設されているプールも利用できる(通常600円、夏季はプール込みで700円)。
伊豆熱川駅前に温泉足湯「熱川湯の華ぱあーく」(無料)がある。
海岸沿いに温泉足湯「熱川ほっとぱあーく」(無料)がある
posted by jin at 10:34 | 社員旅行

社員旅行 温泉 伊東温泉

伊東温泉を調べてみました

アクセス
JR東海道本線 熱海駅から伊東線に乗り換え
伊東線伊東駅すぐ。

単純温泉
塩化物泉など
源泉数780本
毎分の湧出量34,000L
温泉街中の至るところに温泉がある。

駅前から海側に温泉街が広がる。旅館、大型ホテルなどが広範囲に数多く存在するのが特徴。遊技場なども数少ないながら現存している。飲み屋も多く、昔の歓楽街的温泉の要素も数多く現存する。



posted by jin at 10:31 | 社員旅行

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。